【お役立ち情報】ホクロを実際に切除する前には皮膚を診断

【お役立ち情報】ホクロを実際に切除する前には皮膚を診断

ホクロというのはありふれた皮膚病変の一つとなりますが、治療をする際にはきちんと診断しておかなければいけません。
中には良性だけではなく、悪性の可能性も考えられますのでご注意ください。

 

ホクロの切除後に行われる病理検査とは切除したものを薄く切り染色させ、病理の専門医が顕微鏡で検査をします。
治療をした後に病理検査をして、施術が的確に行われたかを判断するのです。
外観からだけでもホクロの悪性か良性かを診断可能なのですが、経験を積んだ皮膚科医や形成外科医だったとしても間違った診断をしてしまうこともあります。
間違った診断を適切に見分けるために病理検査は重要であり、その結果思いもよらない病気を発見することも出来るのです。



【お役立ち情報】ホクロを実際に切除する前には皮膚を診断ブログ:21-1-20

「腹が減ったなあ。甘いものが食べたい!」

コンビニやスーパーに行けば、
おいしそうなおかしがずらりと並んでいます。

板チョコ、アイスキャンディー、デザートなど
どれもおいしそうです。

しかし、どれもシェイプアップによくないことは、
今更言うまでもありませんよね。

砂糖も油分も多すぎ。
その上、ビタミンやミネラルはほとんど含まれていません。
おかしのすべては、
シェイプアップの敵であり、美容を損なうものです!

大量の砂糖が含まれているため、食べたあとの血糖値も急上昇し、
健康にもよくありません。

でも、
おかしに限っておいしそうに見えますから、
誘惑を振り切るのが大変ですね。

もし、甘い物を食べたいと思ったら
「おかしコーナー」へ向かう足取りを
「果物コーナー」へ方向転換してください。

おかしにするなら「果物」こそ最適です。
まず果物の甘みは、砂糖とは違い、腹持ちをよくします。

おかしに含まれる砂糖は血糖値を急上昇させますが、
果物の甘みは血糖値の上昇がゆるやかなので健康的です。

また、
果物にはビタミンCや食物繊維も含まれているため、
美容にもつながります。

そして、忘れてならないのは
「消化酵素」が大量に含まれているということです。

そもそも果物は消化がよいため体への負担が小さく、
栄養の吸収もとてもいい食材です。

今日からおかしと言えば、果物にしましょう。

さまざまな果物をおかしとして取り入れ、
おいしさを楽しみながら、美しくなりましょう!


ホーム サイトマップ