【お役立ち情報】ほくろ除去を実現するために皮膚へ炭酸ガスレーザーや電気メスを使用

【お役立ち情報】ほくろ除去を実現するために皮膚へ炭酸ガスレーザーや電気メスを使用

ほくろ除去にはホクロの組織をレーザーのエネルギーによって飛ばしてしまいます。
効率的にほくろを除去することができ、レーザーによる施術ですので出血は少なく、ダウンタイムもほとんど必要ありません。

 

電気メスの場合、高周波を利用しホクロの組織を削り取っていく手術となります。
皮膚の奥ではなく、表面を浅く治療をしていく施術となりますので、術後は早い段階で傷が完治しますのでご安心ください。
レーザーを使用したほくろ除去最大の欠点というのは組織を取ることが出来ないことです。
つまり病理検査が出来なくなってしまい、適切な治療が行われたのかを術後に知ることが出来ないのです。



【お役立ち情報】ほくろ除去を実現するために皮膚へ炭酸ガスレーザーや電気メスを使用ブログ:17-3-20

健康的なシェイプアップには「トレーニング」がかかせない!
というのは解っているんですが、
24時間の中で時間を選び出して、
トレーニングすることは意外と難しいものです。

でもね、シェイプアップの効果が最も出やすい時間帯というのが、
あるみたいなんですよね!

読者様は、
どんな理由でトレーニングしているのかによって、
効果的な時間帯が変わってくることをご存知ですか?

まず、エネルギーをよりよく消費して、
体脂肪を燃やしたいという方は、
7時や午前中に運動すると良い…と言われています。

7時、体が目覚めてすぐの時間帯は
交感神経の働きが活発で、
他の時間帯に同じようなトレーニングをするよりも
エネルギーを消費する量が多くなるからなんだそうです。

17時と比べると、
その差はなんと10%ほどにもなるとか!

その証拠に
7時食から11時食までの時間が、
11時食から夕食までの時間より短いのは、
午前中のエネルギーの消費量が多いからなんですよね。

エネルギーの消費量が多いと、早くウエストがすきます。

ですから、7時や午前中にトレーニングすることによって、
交感神経のスイッチを早く入れることができ、
代謝を高め、脂肪を燃焼しやすい体作りをすることができるわけです。

そして、筋力や基礎代謝量を上げたいという方は、
17時のトレーニングがいいそうです。

脂肪も落として筋力もつけたいという方は、
7時と17時に、
10分でもいいのでトレーニングするといいでしょう。

筋トレや筋トレなどの本格的なトレーニングじゃなくても、
お買い物や家事などで、
体を動かすだけでも十分効果があるそうですから、
試してみてはいかがでしょうか。


ホーム サイトマップ